特許成分「チョロギエキス​」配合

サプリメント『長老喜』

「チョロギ」とは

チョロギは、シソ科の多年草植物の根にできる食用とされる塊茎部分であり日本には江戸時代に伝わった。

チョロギは高さ60cmほどに育ち、6月~7月頃に薄い青紫の花を咲かせ、10月~11月頃に根にできる塊茎を収穫し食用とされている。

塊茎は長さ1~3cm程度の巻貝のような形をしており、泥を落とすと白い。

この塊茎を塩漬けにしたり茹でたりして食べる。

食感はユリ根に似ている、味は生姜のようにピリッと辛い味がする。

古書『本草綱目』には「徐風破血、下気精神」とあり、

外からの病の侵入から身体を守り、血の滞りを治し、

気を静め精神を安定させる効果があると記されている。

共同発案者

京都府NPO法人 チョロギ村 代表​ 森 隆治

チョロギ学術的見解

亀岡市 桂川孝裕市長

富山大学 久米利明博士

株式会社Royalsoma代表取締役 石田優輝

NPO法人 チョロギ村・代表 森隆治

京都府亀岡市長からの協力
サプリメント原材料の産地チョロギ村のある京都府亀岡市・桂川孝裕市長の協力により、サプリメント「長老貴」が京都府ふるさと納税の返礼品として検討しております。
地域の特産品であるチョロギのサプリメントは、現時点でも多くの方々にご愛用いただいており、

更に多くの方々にこのサプリメントの良さを知っていただけるよう弊社ロワイヤルソーマ一同、これから一層社会に資することができるよう励んでまいります。

 

チョロギサプリメントが全世界にもたらす恵み

現在、日本国民の5人に1人は65歳以上の高齢者であり、
今後ますますその割合は大きくなることが予測されています。
そして、加齢によって発症のリスクが増す疾患は数多く存在し、
心疾患・脳疾患のみならずガンにまで多岐わたります。
また、米国では65歳以上の高齢者の内40%以上の人々が
老人性難聴を発症しているとの報告もあるほど。

こういった状況の中で、酸化ストレスを減弱し、
高齢者に対する健康維持に有益な効果をもたらすことが

期待できるチョロギエキスは、
日本国内だけでなく全世界の高齢者とそのご家族を救う
奇跡のエキスであると確信しています。

そして私も自信をもって、
チョロギエキスが認知症・アルツハイマーを予防し、

軽減するものとして、これからの将来、
一家にひとつなくてはならないものになる可能性があると感じています。

これからの未来、チョロギエキスの可能性がフォーカスされる日も、
そう遠くないのではないかと思うこの頃です。